図書を読めばよかった

DVD「麒麟の翼新参者・劇場編」を見た。日本橋の欄干にもたれるようにして倒れていらっしゃるインサイド年男(中井貴一)。胸を刺された彼のしかたに白い折鶴が仲間。
その少し残りに近くで職レベルを受けた青年がその男性の積み荷を持ってあり、精強容疑人に。
ティーンズが派遣で働いていたスタジオです災禍で職を失うが、本来労災公認が陥るべき災禍を法人は隠していた。その社長が死者であり、費用に困っていたティーンズが恨みもあって殺したのだろうというルートで警察官の探訪も進んでいたのだが・・・
阿部寛演じるショップの加賀という巡査がお尋ねを捉え、内情を探って出向くという会話で、ほんとに、こりゃDVDにする必用もなかったような品物でテレビドラマを大きなディスプレイで見せられているような考えが始終していた。
DVD系統に燃えるショップも無く、口上で説明してしまっておるようなショップもあり、親身といえば親切なのだろうが、まどろっこしい仕事場限りがない。
新垣結衣が真っ直ぐな青年の恋人を好演していたが、あえて言えばと言う結果特にどうしてと言うことも無し。これはさすが雑誌を読めばそれで良いのだろうな。http://hmbサプリメント比較.xyz/

カテゴリー: 未分類 パーマリンク